海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 海外に送るのに避けた方がいいダンボールとは

海外に送るのに避けた方がいいダンボールとは

個人的に海外に荷物を送ろうと思うような人も居るとは思うのですが、そう言った場合にはどのような注意が必要になるのでしょうか。

まずはその荷物を包むためのダンボールを用意する事になると思うのですが、そのダンボールというものが日本で作られたものでその上元は何かしら別の商品に扱われていたもののお古となると、商品のロゴなどが張ってあったりします。

そのロゴなどを見て、中身が例えその商品でなかったとしても、海外では怪しまれるようなことがあったりもします。

その商品が野菜などでロゴもそういったものであれば危ないものでもないし安心出来るのではないかと思う人も居ると思いますが、その野菜は寧ろ海外に送るのに向いていないダンボールとも言えます。

野菜などのダンボールに関しては、中に虫や病気が入っているのではないかという恐れを相手に抱かせるような場合があるようですので、そういった事で疑いをかけられるのを避ける必要もあるでしょう。

そういう事を避けるのには、ちゃんと日本で使われたダンボールを再利用するのに、ロゴを消したりそういうロゴが無いものを選ぶ必要があるのではないでしょうか。

日本国内であればあまり意識しなくて済むようなものかもしれません。

ですが海外となるとそうやって様々な変化が訪れるという事を覚えておく事をお勧めします。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。