海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 海外製品はその場で確認

海外製品はその場で確認

海外に目を向けてみましょう。

日本と同じようにいたるところでダンボールが使われています。

ピザの宅配から引っ越し、大型製品の梱包など、使いかたは日本と同じようです。

そして、海外から日本に製品などを輸入する場合にも、ダンボールは大活躍をしています。

当然、日本国内から海外に輸出する時にもダンボールは日常的に使われています。

その数は膨大になり、コンテナで一斉に運ばれます。

コンテナで運ぶメリットは、そのコンテナごと運ぶことが出来るので、作業効率がとてもいいのです。

国ごとにコンテナを分ければ、その国に送るには、とても簡単なことは予想されます。

つまり、コンテナ丸ごとが海外に送る手段になります。

しかし、海外のダンボール事情となると日本と全く違うことに驚かされます。

日本の運送会社では、幾らダンボールに入っているからと言って乱暴に扱うことはありません。

しかし、海外では、ダンボールに入っていようともその扱いを見たらびっくりするでしょう。

軽いものなら投げて仕分けすると言うことは日常茶飯事です。

重いものはそうは行きませんが、それでも落とすことはあるようです。

だから、海外製品を輸入するとき、一度製品を確認して壊れていないかを確認してからではないと受け取れないのです。

一度受け取ってしまえば、幾ら輸送中に壊れていたと言っても通用しません。

くれぐれも海外製品の輸入に関しては、その場で一度開封して中身の確認と破損、損傷などを持ってきた人と一緒にその場で確認することをおすすめします。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。