海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ベトナムのダンボール

ベトナムのダンボール

まだまだリサイクルへの意識が高いとはいえないアジアですが、中でもベトナムは非常にダンボールの回収率が低く、大部分を輸入によってまかなっています。

地球の資源は無限にある訳ではないので、ベトナムに限らずひとつでも多くの国が「ダンボールリサイクル」への意識を高め、実践していく必要があります。

さて、そんなベトナムですが、意外なことに「街中を見てもダンボールは落ちていない」のだそうで、いったいそのダンボールがどこに消えているのかが気になります。

香港に行っても台湾に行っても、比較的多くの場所で捨てられているダンボールを見ることができ、「ダンボールを拾うことができない」と言うベトナムは珍しいです。

どうして捨てられたダンボールを見つけることができないのか、それは先にダンボールを拾って歩く人がいるからなのだそうで、大量のダンボールを持っている人は見かけることがあるそうです。

ベトナムでは、ダンボールを集めて売ることで収入になるのかもしれません。

ベトナムはバイクがたくさん走っていることでも有名ですが、そのバイクがぶつかって傷にならない様に、ダンボールを巻いて補強しています。

日本ではバイクにダンボールを巻くと言うことは考えられませんが、ベトナムは日本以上にバイクがたくさん走っているところですので、こういう工夫をしないとすぐに傷がついてしまうのかもしれませんね。

アジアの中でも、ベトナムのダンボール事情はちょっと変わっていて面白いです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。