海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ダンボールで財布を作る

ダンボールで財布を作る

日本の「Carton」と言うサイトでは、「ダンボールを使って財布を作る」と言う面白い取り組みが行われており、2009年から試行錯誤を続けて「実際に使うことができるダンボールの財布」を作り続けています。

ダンボールの財布は、最初は「アマゾン」のダンボールを使って作られたもので、ダンボールで財布を作ってマジックテープでとめると言う非常にシンプルなものでした。

しかし、この時点でしっかり会社のロゴが入っていますし、一見無造作に見える「アマゾンの文字を残したダンボール」が深い趣を与え、評判は高かったようです。

その後、改善策を模索して「ダンボールの厚さを変える」「折れるタイプのものを作りたい」「強度や耐久性を上げる」など、色々な改良が加えられ、現在は量産に成功しています。

もちろん、失敗作も非常に多かったそうで、「マジックテープが不評だから」といってつけたゴムはすぐ却下されましたし、折財布にかんしてはなかなか実現が難しく、サイトを見ると開発側の苦労を読み取ることができます。

ダンボールの財布に限りませんが、新しいものを開発すると言うのはどんなものでも大変なのですね。

何度も試行錯誤が繰り返された財布は、その効果があったのか「焼印を入れる」と言うことにも成功し、画期的なアイディアの財布として非常に高い人気があります。

この様に、ダンボールの魅力に注目して「新しい商品を作ろう」と考えている人は非常に多く、だからこそ私たちの周囲にも、色々なダンボール製品があるのでしょう。

今後も、面白いダンボール商品をたくさん見つけることができたらいいですね。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。