海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> フランスのゴミ事情

フランスのゴミ事情

ファッションの都・パリがあるフランスでは、ゴミ事情はどうなっているのでしょうか。

フランスのダンボールは、おしゃれなデザインのものも非常に多く、そのまま部屋においておいても可愛いものばかりなので、写真に撮ってコレクションをする人もいる様です。

街が大変美しいことで有名なフランスでは、道に落ちているダンボールも「絵画の様な趣」を見せるから不思議です。

その光景にダンボールがあることに違和感があるのではなく、スッと入り込んでしまう不思議な感覚があるのです。

しかし、フランスのリサイクルシステムが上手く機能しているかと言うと「そういうわけでもない」と言うのが実情の様で、フランスのゴミ事情に関しては問題が山積みの様です。

フランスには、街角に家庭のゴミを捨てる回収ボックスが設置されていますが、この分別も「しっかりできている」とは言いがたい様で、色んなゴミが無造作に箱に突っ込まれている状態なのだそうです。

これは見た目も良くないですし、エコの観点から言ってもあまりよくありません。

ヨーロッパは全体的に「エコ」への意識が高く、ドイツなどは非常に高いレベルでのリサイクルを行っていますが、ヨーロッパのすべてがそこに追いついているかと言うと、そういう訳ではないみたいですね。

しかし、ドイツの様にリサイクル事情を牽引してくれるリーダー的存在がいるヨーロッパでは、今後ますますリサイクルへの取り組みが活発化することが期待されますので、今後良い変化があるかもしれません。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。