海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ドイツの包装紙リサイクルシステム

ドイツの包装紙リサイクルシステム

日本では、積極的なゴミの仕分けが行われており、現在ではスーパーなどにゴミ回収ボックスが設置されるまでになっていますが、なんとこのシステムのモデルになっているのは「ドイツのリサイクルシステム」なのだそうで、ドイツはとても優秀なリサイクルシステムを確立しているのだそうですよ。

ドイツでは、「商品に使う包装紙をできる限り減らす」と言うルールが非営利団体によって施行されており、世界からみても画期的なシステムとなっている様です。

世界の中でも、ヨーロッパは「エコ」に関する取り組みが進んでいるそうで、国ごとにエコに関するシステムを実施していますが、その中でもドイツのエコに対する意識は非常に高く、世界が注目するリサイクルシステムが確立しています。

ドイツが現在のリサイクルシステムをはじめたのは、なんと1991年で、この頃に「包装紙を減らして、使ったものに関しても再利用する」と言う「包装材リサイクル規制法」が設立されました。

包装紙に使用される紙は全体の50パーセントと非常に高くなっており、企業に「包装紙を減らすこと」を義務付け、また使ったものに関しては必ず再利用することと言うルールを徹底することで、ゴミを減らすことを考えたのです。

このシステムに着目した日本が、ドイツのリサイクルシステムを取り入れ、現在では当たり前の様にゴミの仕分けが行われています。

日本はダンボールのリサイクル率は非常に高いので、今後は他のアイテムに関してもリサイクル率が高まるといいですね。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。