海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 日本との違いあれこれ

日本との違いあれこれ

日本との違いあれこれ

日本での輸送とは違い、ヨーロッパでは注意をすることが必要なポイントがあります。

まず、国が大陸でつながっているので、国をまたいだ輸送になることが多い、という点があります。

関税などの問題は、EUとの関係などもありますので、事前にしっかりと調べておく必要があります。

また、ダンボールなどの輸送用の資材の規格も、日本とは異なっているところもあります。

国際基準がどのようになっているかを事前に調べる必要があります。

特に仕事で定期的にヨーロッパへの輸送を考える場合には、ダンボールなどの規格をしっかりと把握することで、それがそのままコストに跳ね返ってくることがありますので注意しましょう。

ヨーロッパは鉄道輸送も発達しています。輸送の手段をいくつか検討し、どのようなルートで送るとコストや時間を短縮できるのかを考える必要があります。

日本ではそんなに多くの選択肢がありませんが、ヨーロッパではかなりの選択肢がある場合もありますので注意しましょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。