海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 安全な輸送と保険

安全な輸送と保険

安全にヨーロッパへの輸送を考える場合には、輸送の内容と目的をよく知り、どのような手段でなにを送るかということを選択する必要があります。

飛行機での輸送では、荷物の積み下ろしがかなりハードに行われているという報告もあり、精密機器などはやはり空輸にしないほうがよいとする人もいます。

また、船での輸送は高温多湿な環境での輸送になることが多いので、それに向かない荷物は船で送るべきではないでしょう。

このように、自分がなにをどのように送るのかによって、最適な方法を選択すべきです。

引越などの場合には、本当に大切に思うものは自分で運ぶのが一番だともいえるかもしれません。

また、このようにヨーロッパに荷物を輸送する際には、万が一のことも考えて保険をかけることを考えた方がよいでしょう。

その際、保険についての概念としては、荷物の量や重さだけで保険の金額が決まるわけではないということです。

軽量でも重要なものなら、手厚い保険に入っておいた方がよいでしょう。

自分がその荷物をどの程度重要に感じているかによって保険の内容は変える必要があるのです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。