海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ヨーロッパに引越する場合

ヨーロッパに引越する場合

ヨーロッパに引越をするときは、自力で全てを準備することは難しいと思われます。

輸送するものによってどのように準備するか、またどの手段で輸送するかについて検討する必要があります。

まず、ヨーロッパに引越をするときは、荷物を最低限にするという選択をしましょう。

どうしても気に入っている家具などは別として、他のものは一時的な引越であれば倉庫などに保管してもらうという方法もあります。

家電なども、可動しないものもありますので、事前に調べておきましょう。

そして、船で送るもの、飛行機で送るもの、自分が渡航するときに持っていくものに分類しましょう。

船よりも飛行機のほうが積み下ろしの衝撃などは大きいので、パソコンなど空輸はさけたほうがよいでしょう。

できるだけ自力で運ぶようにしたいものです。また、輸入通関を自分で行うかどうかによって費用が大きく変わってきますので、それも検討するようにしましょう。

費用と目的に照らし合わせ、なにをどのようにどのくらいの量送るかを考えることが大切です。
各引越し会社でも、海外へ引越されるご家族相談会等を開いているそうですよ。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。