海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 送れるものと送れないもの

送れるものと送れないもの

ヨーロッパにいる知り合いにものを送ってあげたい、と思う人もいると思いますが、どんなものを送ることができないのかがわからなくて荷物の選択に困ってしまうという人もいるのではありませんか。

そんなときは、税関でどのように基準が決められているかを参考にしてみましょう。

日本の税関で制限されているものは、基本的にはヨーロッパでも制限されています。

さらに、どのように輸送するのかによって送れないというよりも送るのが難しいというものもあるでしょう。

たとえば船での輸送の場合、南回りの航路を選択すると、赤道を2回通過することになるので、かなりコンテナ内は高温になることが予想されます。

ですから、あまり熱に弱いものなどを送るのは向いていないかもしれません。

食品などで、税関では禁止されていなくても、熱にさらされることで風味が落ちてしまうものや、機械で熱により変質してしまうものなどは送るときに注意しなくてはならないということになるでしょう。

こわれものを送るときなども、保険をかけたり梱包に気をつけたりしなくてはなりません。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。