海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 南ヨーロッパへの輸送

南ヨーロッパへの輸送

ヨーロッパの大陸は南北にも広く広がっています。

それでは、ヨーロッパの南部に輸送を行う場合、どのようになっているのでしょうか。

以前、ヨーロッパは南北の輸送が中心となっていました。

このころは、ベルギーからドイツを通り、イタリアへと通じている道を拠点として南北の輸送が行われてきたのです。

その後、輸送の主流は南北から東西の輸送へと移行していきました。

今では東西の輸送が中心となっていますが、昔の輸送ルートは今でも南北の輸送にそのまま使われています。

イタリアやスペインへの輸送は、フランスやドイツ、オランダを拠点として南へと運ばれるというルートを使っているのです。

輸送が行われるということは、産業がそれだけ発達し、活発にものが行きかっているということが言えると思いますが、その点、南ヨーロッパへの輸送は、東西での輸送に比べると量は少ないかもしれません。

ただし、鉄道やトラック輸送という手段を使うことができるルートなので、運ぶのはそんなに難しくないといってよいでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。