海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 東ヨーロッパへの輸送

東ヨーロッパへの輸送

東ヨーロッパへの輸送は、やはりオランダを拠点として行われていることが多いと思われます。

昔は小国がたくさんある地域でもあるため、関税や言葉の問題など、輸送に多くの障害になる問題があったともいわれています。

今は昔より、共同体としての意識も強くなってきたため、輸送がしやすくなったと考えてよいと思いますが、やはり問題のすべてが解決したわけではありません。

また、オランダが拠点になって輸送を行うというのは、その昔は南北に運ぶという意識が強かった輸送の方法が、東西に運ぶという意識に変化してきた時代からだといわれています。

ものを東西に運ぶ際には、その中心にオランダが位置しているということもあるので、東への輸送という点でもここを拠点として運ぶ、という体制ができあがっているのでしょう。

こうした歴史に支えられている部分もあるので、システムがきちんとできあがっているメリットがあるといわれています。

東への輸送を考える場合には、オランダを拠点として運ぶことを考えるとよいでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。