海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 山地との輸送

山地との輸送

ヨーロッパは大陸で続いているということが大きな特徴ですが、中心には大きな山脈が広がっているという地形状の問題も考えておかなくてはなりません。

ヨーロッパで山地に輸送を行う場合、どのようなことに注意しておかなくてはならないのでしょうか。

山地に輸送をする場合には、やはりその手段が限られるということを考えておかなくてはならないでしょう。

昔から、山地への輸送は工夫しなければならない手段でした。

一番現実的なのは、輸送できるところまで鉄道や車で輸送し、その後は人の手によって運ぶ、という方法です。

これは日本でも行われていると思いますが、最終的には人が運ぶことになっています。

山の頂上付近でものを買おうとするととても高いという経験があると思いますが、これはそれだけ輸送にコストがかかるということの証です。

山地で輸送をする場合には、それだけ重量や形状についても注意が必要になってくるということですね。

こうした問題も前提として考えておくことが重要です。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。