海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ヨーロッパでの輸送コスト

ヨーロッパでの輸送コスト

ヨーロッパで輸送を考える場合には、どこにどのようにものを送るのかによって輸送のコストが大きく変わってくるのでそれを考えておきましょう。

ヨーロッパは大きな共同体であるという考え方が進んできました。

そのため、大陸内での輸送についてはいろいろなメリットがあり、関税などの優遇措置もあります。

そのため、ヨーロッパ内では一つの国内での輸送と同様に考えられる部分が大きいと言います。

そのため、それ以外の地域に運ぶ際にはコストが大きく変わってくることがあり、国内での輸送に比べ、高くつくという印象もあるでしょう。

ただし、大陸で続いているといっても大変な長距離を輸送することになりますので、どこからどこに運ぶのかによって大陸内でも輸送コストはかかります。

空輸や船での輸送と比べて燃料などのコストがどう跳ね返ってくるかを考えておかなくてはならないでしょう。

ヨーロッパからの輸送、そしてヨーロッパへの輸送を考えるときには、どこを拠点にすべきかということもコストの面で考える必要があるでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。