海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> 鉄道を使ったダンボールの輸送

鉄道を使ったダンボールの輸送

ヨーロッパでは、大陸を縦断する形で鉄道を利用することができます。

ですから、もちろん輸送の手段としては鉄道を考えるのは自然なことです。

コンテナをそのまま貨物列車につなぐ形で輸送することもあるのではないでしょうか。

鉄道でダンボールを輸送するということももちろんあります。

この場合、積み下ろしでどうしてもダンボールにダメージが加わることになりますので、品物を保護するために、どの程度の強度のダンボールを選択しなければならないのか、重さとの兼ね合いでどのような大きさのダンボールを使うべきか、などを考えておく必要があるでしょう。

鉄道を利用する場合、中身についても考える必要があります。

積み下ろしや振動で商品が壊れてしまうことのないように運ばなくてはなりません。

また、コストなどを考えると、積みやすいように大きさをそろえるなどの工夫も必要になってくるのでは無いでしょうか。

時間の短縮のためにも、運び方を考える必要があるでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。