海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ヨーロッパでのダンボールへの概念

ヨーロッパでのダンボールへの概念

ヨーロッパでは、ダンボールはどのように考えられてきたのでしょうか。

今では様々な輸送にダンボールが利用されていますが、そのダンボールはヨーロッパではどのように利用されてきたのでしょう。

ダンボールは、19世紀の半ばにイギリス人によってその基本が作られました。

その後アメリカへとその技術が渡り、そこで包装資材として正式に利用されるようになっていきます。

それまでももちろんヨーロッパをはじめとする世界中で輸送は行われており、そこでは主に木箱などが輸送用の資材として利用されてきたと思われます。

その後ダンボールが開発されるわけですが、それにより、軽量、低コスト、再利用ができ、使わないときはたたむことができる、などのメリットにより、ダンボールは木箱などのシェアを一瞬で奪っていくことになったとされています。

今では用途や目的などにより使い分けが行われていますが、導入されたころには、誰もが魅力的な資材としてダンボールに飛びついたのではないでしょうか。

やがて目的や用途による使い分けができるようになっていったのです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。