海外のダンボール事情 >> 輸出に便利なダンボール梱包 >> ダンボール発祥のイギリス

ダンボール発祥のイギリス

ダンボールは今や輸送の手段に欠かすことのできないアイテムとなっていますが、このダンボールがどこで生まれたかについてご存知でしょうか。

実はダンボールは、19世紀にイギリスで生まれたものだといわれています。

開発についてはイギリス人2名が携わり、この2名が特許も取得しています。

最初は輸送用の包装資材としてではなく、帽子のパーツとして開発されたものだとされていますが、構造の耐久性がすぐれているため、最初の開発から15年ほどたったころに、包装資材として利用するようになったといわれているのです。

包装資材として利用したのはイギリス人ではなく、アメリカ人であったというのも特筆すべき情報。

イギリスで技術が生まれ、アメリカで製品として完成したといってよいでしょう。

もちろん最初から今のような形状だったのではなく、最初は波型のライナーといわれるパーツもなかったそうです。

その後、さらに開発が進み、だんだんと今の形に整えられていくようになりました。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。