海外のダンボール事情 >> アメリカのダンボール

アメリカのダンボール

アメリカは紙や板紙の生産量において世界第1位だと言われていますが、同時に紙の消費量も多く年間に4%の率で今でも増加し続けています。

そして1980年の調査では、森林面積がかなり減少されているという報告がなされているのを受け、この現状を打開するためにさまざまな策が講じられたために国民の意識も高まり、今では国中でリサイクルブームが起こっています。

アメリカのダンボールの記事

アメリカのダンボールのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

アメリカの古紙事情

アメリカは紙や板紙の生産量において世界第1位だと言われていますが、同時に紙の消費量も多く年間に4%の・・・


アメリカの紙の生産と消費

"紙"は大きく分類すると、通常私たちが使っている"紙"とダンボールなどの材料となる"板紙"になります・・・


アメリカのダンボールの生産と消費

「ダンボール生産量は、国内総生産や経済の発展に連動している」と言われます。 "紙の生産量と消費量"と・・・


アメリカの紙資源の実状

"紙"を作るためには"木"が必要になります。 けれども、森林の伐採が過度に進む"皆伐"という状態にま・・・


ダンボール箱リユースの動き

"引越し"というと私たちはダンボール箱を手に入れるのに、スーパーなどにもらいに行ったり、あるいは引越・・・


海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。