海外のダンボール事情 >> 古紙について >> 古紙とは

古紙とは

"古紙"という存在は、最近になってにわかに注目を浴びるようになりました。

そして初めて聞いた人でも「ふるい紙」というと、1度使われたことのある紙であることが容易に想像つきますが、"古い"という言葉から同時に"汚れた"というようなマイナスなイメージも懐きがちですね。

けれども私たちの身の回りを見渡してみて、雑誌や新聞、ダンボール、トイレットペーパーなどのほとんどが "古紙"から生まれ変わってできたものだということが分かると、そのようなイメージも一瞬にして吹き飛んでしまうことでしょう。

家庭や企業、それにダンボール製造工場などで毎日大量に排出される不要になった"古紙"を、見事に生まれ変わらせることのできる技術を今日の人間はもっているのです。

"古紙"からできた製品を利用したり、不要になったダンボールや雑誌などを再利用しやすいように古紙回収の時点できちんと分類して出すことは、私たちが個人レベルで"地球環境を改善するための世界規模の大プロジェクト"に参加できる唯一の手段でもあります。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。