海外のダンボール事情 >> 古紙について

古紙について

"古紙"という存在は、最近になってにわかに注目を浴びるようになりました。

そして初めて聞いた人でも「ふるい紙」というと、1度使われたことのある紙であることが容易に想像つきますが、"古い"という言葉から同時に"汚れた"というようなマイナスなイメージも懐きがちですね。

けれども私たちの身の回りを見渡してみて、雑誌や新聞、ダンボール、トイレットペーパーなどのほとんどが "古紙"から生まれ変わってできたものだということが分かると、そのようなイメージも一瞬にして吹き飛んでしまうことでしょう。

家庭や企業、それにダンボール製造工場などで毎日大量に排出される不要になった"古紙"を、見事に生まれ変わらせることのできる技術を今日の人間はもっているのです。

古紙についての記事

古紙についてのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

古紙とは

"古紙"という存在は、最近になってにわかに注目を浴びるようになりました。 そして初めて聞いた人でも「・・・


古紙からできるダンボール箱

回収された古紙はまず手作業や機械によって"分別"され、新聞や雑誌を結んでいるビニール紐など再生できな・・・


古紙からできるその他の製品

古紙からはダンボール以外にもさまざまなものが作られています。 その1つ目が、"トイレットペーパー"で・・・


リサイクルの歴史

"古紙のリサイクル"は最近始まったことのように思われがちですが、実は日本では平安時代にすでに再生紙が・・・


リサイクルの必要性

現在、"地球温暖化"が問題になっています。 この現象は、"二酸化炭素"などの"温室効果ガス"によって・・・


海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。