海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 南米

海外のダンボール事情 南米

海外のダンボール事情 南米

南米への輸出用精密機器の防湿バリア梱包を紹介します。真空梱包のダンボールを使っていますので、海外輸出用真空梱包に強化ダンボールをさない使用すれば地球の裏側の南米にも運べてしまうのです。

木材にくらべ総重量を軽減していますので、コストもかかりまえん。南米のダンボールの事情はカラーダンボールで作れるかということから始まります。

古いダンボールを引き取ってもらえますか?ともきかれることでしょう。

初めて、ダンボール製品を発注する人を想定して、図解でわかりやすく、解説されている方がよくうれるのです。

ダンボールの種類について、ダンボールの波の部分の段フルートで区分されている7種類の特性をもっていることは南米人はほとんど知りません。

機能性による、段の高さ、緩衝性、加圧への強度等の区分を知らないでダンボールを運んでいるのです。

これが深刻な問題なのです。南米へのダンボール輸送をエアー便の場合、航空会社は実重量と計算上の容積重量を比較する必要があるのです。

さらに重たい方の重量を適用しているからなのです。算上の重量は計算によります。 0.25立方メートルのSカートン2ヶの合計重量が83.3Kg以下の場合で運びましょう。

ダンボールの通販サイトの中では、見やすく、また発注の要点を示しているところもあるのです。

ダンボール箱の形状についても、基本の形として、A式、B式、C式、奴式、N式と決めているのです。

南米ではこの辺りはしっかりと区別されていない事実があります。また開梱と廃棄の際にかかる手間を省くことが可能です。

あらかじめ南米向けのにダンボール梱包された計測器を輸出用に真空梱包するように心がけているのです。

真空梱包専用バリアシートに機器を入れていますし、乾燥剤を適量入れた上で内部の空気を抜いています。

湿気の混入を防止すれば、南米にもダンボールの中身を新鮮なまま運べます。

その後ストレッチフィルムで全体を固め、箱底部分に固定する計画があります。バンドで結束し完了する予定です。

中国向けですが強化ダンボールのため熱処理の申告も不要ですが、南米はダメです。

ダンボールの材質については、表ライナー・裏ライナーという3及び5種類の原紙を使用しています。

中芯、ライナーと芯の組み合わせ、重量などの要素を説明しているのです。

ダンボール箱の採寸について、外寸と内寸に分けて計測方法を確認してから南米にダンボールを送りましょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。