海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸出 リサイクル

輸出 リサイクル

輸出 リサイクル

低価格の回収リサイクルの時代に合わせた通いダンボールになっています。ある会社では環境という側面からも豊かさの追求をしています。

使うだけでは終わらないダンボール、リサイクルできるダンボールを海外に発信しているのです。

使ったあとも考えた商品開発なのです。お客様が希望されるダンボール箱を1個からでも輸出するためにダンボールを制作しているのです。

そのため、CAD/CAMのカッティングマシーンを導入しているのです。これが海外のガンボール事情なのです。

完成予想図面のレイアウトを入力することも可能になりました。

海外のだダンボール事情として利用者からの問い合わせに多い項目は納期はどれくらい?価格はどのくらい?が圧倒的大多数を占めるそうです。リサイクルできるダンボールですか?という問い合わせはないのです。

他にもお支払方法について、 どれくらいの大きさまで作れますかなどが聞かれるポイントです。

リサイクルを行うよう心がけている日本。そのため、自然との調和・環境保護をテーマに事業展開を行っているのです。

まさに日本ンはエコの世界最先端なのです。省スペースもそうです。強化段ボールは、折りたたんで保管可能。緩衝設計により梱包状態になっています。

コンパクトにできるため、海外への輸出・輸送時などもスペースをとらないだけでなく、リサイクルにも役立っています。

さらに、世界の輸送規格に適合していますので、海外へ輸出梱包時にフレキシブルに扱うことができます。

省スペースを実現しているのです。インターネットによる受注システムは、全く白紙の状態からのチャレンジではありません。

ダンボール会社有志で、Dキューブという仕組みを立ち上げていています。

ある程度のモデルとしてのホームページはあったので、それに独自性を加味してリサイクルできるダンボールを作ったのです。

お客様が製品を受け取った際にも、木箱やベニア箱を再利用、つまりリサイクルに回しているのです。

梱包物の開梱は簡単に廃棄はしない事業をを行っています。強化ダンボール防湿バリア梱包してしまうと、真空梱包になり、海外輸出の際にリサイクルできません。

自動的にカッティングできる技術が開発されました。従来のように、型紙を起して外注する手間と時間が短縮できたのです。

納期が短縮されているのでコスト削減につながります。受注システムがユーザー指向で作られるよう工夫をしている。これはリサイクルにつながります。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。