海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 世界

海外のダンボール事情 世界

海外のダンボール事情 世界

輸出・輸送に最適な最強ダンボールがあります。米国連邦規格でのPPP-B-640をはじめ、世界各国の政府関係規格推進のダンボールなのです。

IATAと呼ばれる国際航空運送協会に代表される運送包装なのです。

またRohs指令,REACH規格にも見事に合格しています。世界のダンボール市場は短納期で低コストである小ロット生産によるを狙っているのです。

木型といわれる抜き型が不要な生産システムを実験開発したことで海外のダンボール事情は活性化したのです。

大阪府経営革新支援法を承認されたことも一理あるでしょう。

額を入れる箱海産物を送る特殊な箱や楽器を輸送する箱をダンボールで作ることによって海外のダンボール事情は劇的に変化していったのです。

パソコンを入れる箱や化粧品の箱などに挑戦している国もあるほどなのです。

ダンボール製品というのは、既存の在庫品では対応しにくい製品だといえます。

海外向けに適合しているため輸出梱包に最適な素材が日本にもあるのです。

輸出梱包時に最適である理由として、メリットがなくては話になりまえん。

まずはコストダウンがないと、世界へ輸出することはできなくなるでしょう。環境にも優しく、省スペースなのが理想ですね。

梱包輸出事業は世界に認められています。強化ダンボールを使っているからです。

梱包輸出に強化ダンボールを利用するしている最大のメリットはコストダウンが大きいからです。

物流費の中で運賃コストが占める割合が無視できる額に収まらないからなのです。

ダンボール箱工房はインターネットを活用しています。ダンボール箱や印刷紙器、包装資材などを販売している国もあるほど世界は広いのです。

きっかけはインターネットでもお客様との出会いだと思います。つながりを大切にし、お客様からのご要望に対応していくのです。

強化ダンボールケースは、緩衝吸収性を生かした包装設計により作られています。

梱包状態を最適・安全に保っていることが大切になっています。さらに体積も世界の木箱やベニア箱に比べて40%も減少されています。

重量は、木箱コストの半分の半分ですよ。お客様の声として、小ロット生産ができるダンボール会社を世界中探していても、なかなか見つからなかったのです。

そこに目を付けたところ、ホームページをリニューアルしたのです。検索エンジンにヒットするよう工夫し、小ロット・短納期で制作できる特徴をHPに乗せたのです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。