海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> ヨーロッパ 輸出

ヨーロッパ 輸出

ヨーロッパ 輸出

今の貿易のテーマは海外の輸出を実現するのに、どういった適正な包装を行うかです。お客様の抱える問題点としては1つもありまえん。

ヨーロッパへの輸出包装と、国内で包装された貨物を異なった国に輸出すれば確実に海外へ荷物が届くのです。

内容物の保護は確実です。包装産業の中で大きな位置を占めるに至っているのがヨーロッパなのです。

しかし近年、長引く経済低迷や生産拠点の中国などへの移転による産業の空洞化が起きています。

ダンボール産業を取り巻く状況は大変厳しくなっているのです。海外のダンボール事情を理解しましょう。

ダンボールの製造業の海外移転等の影響を受けて、製紙業界全体が不況業種に指定されるなか、ヨーロッパのダンボール事情を把握しなければならないのです。

価格競争のなかで売上高が低迷して付加価値も減少しています。しかし、昨今の海外生産シフトの影響を受けるのです。

品質保全が重要であるため、工業包装に分類されてしまうダンボールもあります。

ヨーロッパへの輸出包装に拘らず、適正包装設計の条件がいくつかあるのです。

例えば、内容物の強度や品質といった特徴を把握することです。これから使用する包装材料の特性を把握することです。

輸送手段や荷役機器、気候などはダンボールの輸送条件に当てはまっていますか。

ヨーロッパへの輸送包装では、3つの輸送条件が仕向け地により千差万別なのです。

その条件を完全に把握することは不可能に近いのですが、完璧にしてくる会社も最近出てきました。

環境や人を意識したっダンボール設計が求められてくる時代に突入することでしょう。

日本でもある株式会社は、昭和31年(1956)年に創業して以来、輪転印刷機、断裁機等に拘ってダンボールをヨーロッパに輸出しています。ダンボール紙器の加工を営んでいる会社なのです。

ヨーロッパへの輸出先との契約条件や法規制によって使用できる包装資材などが制約されています。

これは新聞でも一面で報道されました。それらの多岐にわたる要因をバランス考慮した上でダンボールを海外に送りましょう。

適正な輸出包装を生み出すことが求められています。また一方で、廃棄物の削減を目指すリユース化・リターナブル化の動きも進んでいることも事実です。

環境への対応も大きな問題となってきているのです。これらを背景に、ダンボールにはよりいっそうのコスト低減が求められてヨーロッパなどに輸送されていくことでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。