海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> コンテナ輸送

コンテナ輸送

コンテナ輸送

近年では海外へのコンテナ輸送が増加してきました。裸でコンテナに詰められない貨物に対して用いられる代表的な梱包方法のひとつにダンボールがあります。

コスト的には低減できますが、貨物を保護するものがないのです。コンテナ内の組付けには十分な配慮が必要となるでしょう。

検疫上で問題になることも考えられますので海外へのダンボール輸送はコンテナ輸送にすべきなのです。

すべて同じ大きさの箱を使う必要がないのです。可能な限り、同じ形大きさの物を何個か使用されたほうが費用が安くなります。これが海外のダンボール事情です。

外部のディスクにデータをきちんと保存しておくのが最適だといえます。大きな家具の類は重量もありますので、大きければ大いほどきちんとしたダンボールで梱包が必要不可欠なのです。

ご自分でダンボール箱に梱包することのできない場合は、コンテナ輸送を希望しましょう。

形状や性質だけでなく現地での受け入れ態勢など見極てからコンテナ輸送に使うダンボールの種類を決めた方が無難でしょう。

バリヤ梱包なら安心ではないでしょうか。いわゆる真空梱包のことです。

荷物をバリヤで覆い乾燥剤を入れ、中の空気を抜いて真空状態にするので、海外では喜ばれます。

梱包したうえで海外へコンテナ輸送されることはもちろんですが、それにより外気をシャットアウトし温度変化による結露を防止することも必要なことではないでしょうか。

金属製品などを錆や湿気から守ってくれるでしょう。海外輸出などに適しるダンボールと言えそうです。

またカナダ、北欧や米国北部等温度が氷点下に下がる地域の場合凍結がおこってしまいます。

温度差によりボトルが自然に割れる可能性があります。パソコンは 最近海外引越しされる方の多くがお送りになります。パソコンのデータは万が一の故障に備えておきましょう。

不倒桟木箱があります。主にガラスなどの梱包に用いています。コンテナ輸送にも使われているのですよ。

ダンボールの中身の商品にあわせた梱包形態やコンテナ運搬時の状況にあわせて、さまざまな方法で海外へ輸送します。

海外・輸出を実現するために適正包装をしましょう。ワインなどの液体をコンテナ輸送する人はいません。

液体を含んでいるもの、ワインボトル等は送らないほうが無難でしょう。

万が一不幸にも箱が落下し割れた場合箱の中や他の箱の中のものまでもだめにしてしまうと、損害賠償責任を負うことになるでしょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。