海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 ヨーロッパ

海外のダンボール事情 ヨーロッパ

海外のダンボール事情 ヨーロッパ

防水にこだわらない海外向けのケースで使用して下さい。もちろん製品の重量と形状に応じた梱包により大型製品や重量物対応可能ですので、ヨーロッパへの輸出の際のも大活躍です。

ハードケースをビニールやエアキャップなどで梱包・包装して表面が保護されるようなダンボールに入れてくれれば、ヨーロッパへ輸送できるでしょう。

楽器店では楽器用の吸湿材も売られています。額入りの絵や写真はガラスが中で割れてしまう危険性があります。

木枠や木箱の梱包が必要です。但し最近では、世界的に梱包に使用される木材に対して規制が強化されているためなのです。

ひびが入ってしまった場合の事を想定して、ガラスの表面に剥しやすいテープを張るとヨーロッパへ輸送する際に壊れにくくなるでしょう。

このとき使用するテープははがした時に後が残らないものを使用すべきです。

テープで押さえることにより、万が一ひび割れた場合は危険です。燻蒸処理指定国とはヨーロッパなどの国のことです。

すべてボルトで締めて梱包するので、手軽に開梱ができるのが特徴です。開梱後の資材処理が再利用できるようになっています。PALLET強化ダンボールとは 主にヨーロッパ海外輸出向けの梱包に使用されています。

使用するダンボールはヨーロッパ海外引越し用のダンボールです。ご自分でご用意された、あるいは購入された箱を使用されても構いませんが、ヨーロッパでは持ち込み料金が発生します。

これが海外のダンボール事情なのです。新品のものがもちろんいいかと思います。

諸外国植物検疫要求が厳しく制限されている今日この頃。木枠梱包材に代わる代表格としてポピュラーな素材で中身を優しく包んでくれている製品となっています。

同容量の木箱に比べ、重さが軽量なので航空貨物などに適していて、ヨーロッパの国々に運ばれています。

使い古されたダンボールものは極力避けてください。特にスーパーなどで手に入れた箱でダンボールは十分なのです。

外側に色々と印刷されているものはヨーロッパで買い取ってくれるかもしれません。

誤解を招く場合がございますが果物や野菜が入っていては没収されてしまいます。

木材より強度が高く梱包容量の削減が可能なダンボールはヨーロッパへ輸出されています。

材料の燻蒸が必要ないので、燻蒸処理指定国に向いているのです。

ボルト止めにより開梱時間が短縮できるので、コストもかかりません。スチールダンボールに比べてコストダウンが図れます。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。