海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 国内

海外のダンボール事情 国内

海外のダンボール事情 国内

マーケットは国内という考え方は過去の物になりつつあるのです。

商品をワールワイドな市場へ展開したいと考えてるのなら、海外にダンボールを送る事業を始めませんか。

国回から輸出向けの梱包はいろいろあるのです。密閉木箱には合板で密閉にしています。

海外のダンボール事情に目を向けるためには国内にも目を向けなければなりません。

日本ではダンボールに衣類や食器、調理器具を入れます。書籍や子ども用品すべてを入れてしますのです。

しかし、海外では荷造りの時は、なるべく同じ種類のものは同じ箱に詰めるのです。

ダンボールに詰める際に壊れないように気をつけましょう。何を、どのくらい詰めたか、用意したノートにメモをすると良いのです。

日本国内では後でパッキングリストを作る際に役立ちます。日本のダンボール産業は年間130億を超える生産量を誇っていれ国内輸送されています。

中の荷物が見えないように梱包する作業は国内で行われ、その後に海外に出ます。

これにより外的ダメージ、たとえば防水、防湿を必要とする製品になるのです。

海外への長い航海での雨、ホコリなどから製品全体を保護してくれるのです。密閉構造のため、盗難防止の効果にもなります。

最も多い梱包形態になっています。輸出梱包の定番には精密機械、産業機械をダンボールで包むことが挙げられます。

外桟開梱箱はその例であり、梱包時に釘を使用せず、ボルト止めにて梱包してくれます。

海外での開梱時、時間の短縮やコストダウンにつながるのです。購入時の専用ケースがあれば必ず梱包して利用しましょう。

引越先の国によってはケースが真新しいと、新品とみなされ、課税される恐れがありますので十分注意しましょう。

こわれ物以外でパッキングの必要があるものは、何でもよいので、新聞紙などで包装しておきましょう。

スカシ木箱は枠組み構造のすかし箱で、国内から海外へ運ばれる歳の検査を容易にしてくれます。

板と板の隙間が若干開いており、すいている分密閉木箱に比べてコストが安いのです。国内向けにも適しているダンボールとなっています。

製品に局部的な保護のみ必要な場合もあります。パッキングリスト作成するのが日本のダンボール事情らしいのです。

こわれ物をパッキングするとかです。日本国内では陶器、ガラス器などこわれ物が多くダンボールに入っています。

海外ではガラスせいひんぐらいでしょうか。エアークッションでしっかり包みましょう。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。