海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 イギリス

海外のダンボール事情 イギリス

海外のダンボール事情 イギリス

底の形状をユニパルや木材だけでなく非木材や木材燻蒸も盛んにイギリスなどの海外に取り入れられています。

樹脂やスチールなど仕様を変えることで重量梱包も幅広く対応可能なのです。

強化ダンボール梱包や強化ダンボールもスチールパレット合板箱での梱包してくれます。

イギリスの荷造りの要領をお伝えします。ダンボール箱の用意は欠かせません。

同じサイズのものをそろえると経費削減につながります。

ただし、船荷でイギリスへ運べれる場合にはダンボール箱をまとめて木枠を組み梱包する必要があるのです。ダンボール箱のサイズが違うと困ってしまいますよ

包装紙やビニール袋などは日本だけでなく、イギリスでも使われているのです。

フェルトペンやボールペン、ノート、はさみもダンボール荷造りには必要です。

ダンボール箱に通し番号を書いておくと、何を入れた分かるでしょう。同じように、用意したノートにも番号をつけるのです。

輸出梱包の定番になっているのがイギリスの事情なのです。

全て非木材を使用することにより熱処理や木材燻蒸は必要ないのです。

ただし、非木材は張り合わせ板なので強度的には限界があるので注意が必要です。約3トンを超える重量になると燻蒸材も一部使えます。

イギリスでの合板箱には金具付や補強資材が使われています。その他の国には合板箱に桟や桁、木材燻蒸が使われています。

ラッピング梱包でダンボールを包んでくれます。ビニール、ラップ、ベルト、桁材などを使用してくれれば、簡易的な梱包してくれますよ。

箱詰めの食品によく入っている、丸いポチポチが一面についたビニールのエアークッションはイギリスではよく使われているようです。

こわれ物のパッキングにはこれがあると保護してくれるでしょう。荷造りに必要な品であるガムテープ・セロテープなども用意しましょう。

主に国内向けの梱包方法となりますが、イギリスなどの輸出向けにも活用にも選択できるのです。

案件に対応しきれないのです。それに対してダンボール製品は加工が容易なのです。

パレットを作るにしても サイズや形状を自由にオーダーメイドしてくれるそうなのです。

木枠内にムダな空間ができてしまうとイギリスへは輸送費用がかかります。

引越業者に連絡をすれば、ダンボール箱を届けてくれるはずのです。

ダンボールを注文する際には、いっしょにエアークッションもたのんでおくと良いでしょう。エアークッションは便利ですよ。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。