海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸入 中国

輸入 中国

輸入 中国

自国で古紙を調達できない中国は、海外から高い古紙を買うために輸入しているのです。

現在、Made In Chinaの方が高くなりつつあります。ダンボール原紙というのは、珍しい製品なのです。

郵便局の国際小包のゆうパックを利用すれば、中国から輸入できるでしょう。国際ゆうパックの箱の大きさを知っていますか。

約35×45×35cmです。1箱を航空便で送っても構わないでしょう。荷作りの仕方についてです。

海外への引越荷物をつくる時は、守らなければいけないことがあります。材料の燻蒸が不要なのでコストダウンになります。

完全には把握できなくなる恐れがある場合には、自分の目でダンボールに何が入っているのか見分ける必要があります。

いずれにしろパッキングリストは自分たちで作成しなければ輸入はできないと考えてください。

家具や大型の電気製品以外は自分で荷造りしたほうが無難です。今後、中国の古紙回収率が改善されたとします。

回収率が上がれば上がる程、中国の製紙メーカーはダンボール原紙の製造費用が下がるのです。

日本への輸出が増加し、中国への輸入が減ってしまう傾向になるのです。日本の製紙会社にとっては、皮肉な話になってしまいます。

中国からの輸入は今でも輸入重量梱包でもチール梱包なのです。最重量物などの梱包に用いる方法なのですが、どうも使い勝手が悪いのです。

釘などは使用せず、ボルト止めですので、開梱時間が短縮できることには賛成します。

中国の木材に比べ強度が高く梱包容量の削減が可能です。料金を安くしたければ、航空便実重量もしくは容積重量にすべきです。

船便はほとんどの場合容積によって決定されているのです。

荷造りは、専門の引越業者にすべて任せておけば、中国から日本に輸入されますが、業者任せにすると、どこに何が入っているか分からなくなります。

リサイクルやリユースが可能なのです。一方で強化ダンボールは、梱包がしやすく重量が軽い為、中国などの近いところからの輸入ではコストが低減できます。

従来の輸出梱包で主流であった木箱に変わる新しい梱包資材なのです。

必ず通関手続を経なければ、中国からダンボールは輸入できません。

どのダンボール箱に何が、いくつぐらい入っているかの内容を知っておくべき必要があるのです。

つまり、パッキングリストを作成するのです。空港での積み卸しには、長期間の輸送に耐えられる梱包が必要です。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。