海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸出 中国

輸出 中国

輸出 中国

古紙回収は中国に伝授するといよいでしょう。製紙業界ならば価格安定へ対策が必要です。

世界トップクラスの古紙回収率である75%を誇る日本の製紙業界が、中国の古紙回収率で注目を浴びています。

中国では古紙回収率は40%なのです。輸出するにはちょっと低い数字です。パレットタイプIは中国へ輸出しています。

L桁の平らな部分で天面を支えています。それとI桁を井桁状に組んだタイプがあるのです。

標準桁本数4×4cmですが、差込口高さは9cmとなっています。

ダンボールの強度は平面圧縮強度で20t以上あるわけがありません。

中国への輸出重量梱包・国内向け木枠梱包は決まっています。アメリカ、中国、EU、ロシア、南米etc、インターネットの普及があるところすべてにダンボールが必要なのです。

物流をグローバリズムのレベルまで押し上げてきたのです。個人ですら輸出入を行う時代になったのです。

中国向けに日本の企業が研修を行うなどの協力を進めているというニュース。

つまり、日本の技術が輸出されているのです。興味がある方は、検索してみましょう。

直ぐにサイトがみつかることでしょう。このダンボールの古紙のニュース、環境面から考えると、いいニュースなのです。

中国をはじめ世界全体で、ダンボールの古紙の利用率が上がれば、省エネにつながると思います。

中国の古紙回収システムは、まだまだ不完全なのです。古紙が不足すると日本をはじめ、世界の古紙を取り寄せているので、古紙価格が乱高下するのです。日本の古紙も輸出されています。

パレットタイプIというのはあまり中国に輸出しないダンボールです。

長い面で天面を支える桁と、細い面で天面と地面を支える桁を井桁状に組んでいるのです。

タイプIとIIを組み合わせたダンボールもあります。天面をL桁の平らな部分とI桁の長い面で支えています。

古紙価格を安定させる為に、日本の製紙会社が動き始めたのです。価格安定活動は、日本の製紙業界にとって、危険もあるのです。

中国産のダンボール原紙は、微量しか日本に向けて輸出されていません。価格メリットがほとんどないからです。

古紙回収率が低いのが問題です。これらのダンボールパレットには貴金属や漂白剤に関するものは一切含まれていませんので、米国のFDA規格に適応しているので、中国へも輸出しているのです。

また、パレット全体へのある程度の水濡れにも対応しているのです。ダンボールパレットに関するお問合せもしてください。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。