海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸入 アメリカ

輸入 アメリカ

輸入 アメリカ

特注特大平板打抜き機を使用することで、最大2,300mm×1,450mmのダンボール製パレットを製造可能なので、これを輸出すると、とても便利になるでしょう。

大型トラック荷台や海上コンテナの幅に合ったパレットも製造することが出来るのです。

もちろん四方差しやハンドリフトにも対応可能です。またダンボール箱と同様に商品名や会社ロゴなどを直接パレットに印刷できます。

軽くて安全なパレットは便利ですよ。重量は木製パレットのコストが半分以下です。

作業時の取扱がとても楽になるでしょう。パレットにつまづいて足を痛めてしまうこともあります。

水対策はパレットの荷扱いに注意する必要があるのが、アメリカのダンボール事情なのです。

荷重はパレット全体に平均的に荷重がかかるのです。荷物の積み方を変える必要があるのです。

ダンボールパレットはI形の桁とL形の桁の組み合わせのみとなっています。

輸入される梱包材の木には薫蒸処理を義務付ける国がアメリカや中国と出てきました。

しかも薫蒸処理の有効期間が あまりないために日本での積み出し及び輸送で時間がかかるのです。

荷揚げするときには有効期限がすぎてしまったら大変です。最近は輸出用として頻繁に用いられたのです。

合板のことをアメリカではPlywoodと呼んでいます。木材を薄く広く層にしたものを目の方向を変くのです。

何層にも接着で張り合わせ、一定の強度を持たせた1枚板のことがあるのです。

建材でも広く使用されていたのですが、今アメリカを含め海外のダンボール事情が変わったのです。

そんな良いこと尽くめに見えるダンボールにも弱点はいくつかあります。

アメリカのダンボールは紙製品なので当然水には弱という話です。

プラスチックや木で出来たパレットと異なるのです。どうしてもスポットで荷重がかかると弱いと思われています。

LVLを訳さずにアメリカ英語で示すと、Laminated Veneer Lumberとなります。

LVL材は単板積層材になっていて、これは薄くカットした単板を何層にも接着して角材なのです。

合板、LVLとも、製造方法はどちらも接着による張り合わせになっているのが特徴です。

加工品となるので梱包の際の輸入検疫規制上は非木材扱いになります。

必要強度や用途に対応しているのがL桁とI桁なのです。アメリカへ輸入する定番となっています。

I桁、L桁それぞれの桁数と組み合わせが必須です。天面部分のサイズは重要です。

フォークリフトの爪の指し方向を1方向にすると、作業が簡単なのです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。