海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸出 コスト

輸出 コスト

輸出 コスト

紙だと木材に比べどうしても強度が心配されがちですので、輸出用の梱包には向かないのです。

しかし、ある会社の梱包材は、独自の技術で設計開発したものなのです。木材に負けず劣らず同等の強度を保つダンボールがあります。

また木箱から紙製へ代替するとコストダウンです。底に桁を付けてダンボール一体型のダンボールパレットとして製造することができますが、コストがかかります。

合板箱は輸出梱包の定番となっています。全て非木材を使用することにより熱処理や木材燻蒸は必要ないのです。LVLとの組み合わせをすると良いかもしれません。

合板、ダンボール、スチール、樹脂などを輸出用ダンボールに使うとコストを削減できるかもしれません。

用途に応じて使用すればよいのです。ユニパルパレットは、全て故紙よりリサイクルされた段ボール原紙を材料に使っています。

従来の段パレットと異なるのです。作業性の改善・環境問題への取り組みなどの点を考慮すると、輸出用梱包にはダンボールが最適かもしれません。

輸出の改善事例の目的はトータルなコストダウンです。

現状の木箱梱包材より材料コストを抑えることができてしまうのです。作業性が改善されますし、開梱時の分別もやらなくてよいのです。

軽量かつコンパクトなダンボールは積載数量が増加できるために輸送コストも抑えることができるので、輸出無機といえるでしょう。

特に航空便での出荷は、コストメリットがかなり期待できるのです。作業性の改善では梱包作業時間、開梱作業時間が短縮することができました。

非木材は張り合わせ板なので強度的には限界があるので注意しましょう。

荷物の形状にもよりますが約2トンを超える重量になると燻蒸材も一部使用すべきです。

簡単に、梱包・開梱でき、安全性に配慮してあるダンボールなら環境への取り組みもしっかりとしていますよね。

なんと紙・ダンボールの輸出用梱包材は、ほぼ100%が古紙リサイクルできるのです。

コンテナ内でパレット2段積み可能にし、輸送コスト半減を目指しましょう。輸出パレットは、用途やお客様の使用環境によって異なります。

材質や形状、処理なども変化していきます。お客様の荷物サイズに合わせて設計・製造・販売していますが、コストを下げてほしいとよく言われます。すると、使用材料は、針葉樹、広葉樹に加えLVLになります。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。