海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情 >> 輸出 梱包

輸出 梱包

輸出 梱包

海外に荷物を送るのは郵便局からでも簡単に出来てしまいます。

しかし製造工場などで扱うような、荷扱いが難しいものや、また毎日大量に送る場合などは、はたして そのままで良いのでしょうか。

そのような輸出梱包の改善提案をしてくれる業者はどうやって探すと良いのでしょうか。 少なくても輸出用木箱はもう時代遅れなのです。

輸出梱包でお困りの方もいることでしょう。日本の紙やダンボールの魅力を見せつけなければ... ちなみに海外に木箱で製品を輸出する場合は、ベニアという合板を使用している場合があります。

業者を選ぶコツは過去に海外への梱包事例をもつ会社に相談してみるとのが近道です。

下町などで町工場に支えられて営んできたような会社なら、 国内向け木枠梱包から海外向けの輸出梱包まで幅広く手掛けていることが多いです。

ところで面白い素材という見方からは、トライウォールと呼ばれる3層の硬くて丈夫なシートを使ったものがあります。

輸出を考えると様々な条件の国があるため上面や底面を布テープなどの粘着テープで留めることは避けるべきかと 悩むこともあります。

上下に蓋をして、PPバンドやエステルバンドで留めて補強とするパターンはよく目にします。

熱処理・薫蒸処理をしたベニアだとどうでしょう。輸出用梱包材としての使用はちょっと控えたいです。

ある会社で取扱っている輸出用梱包材の紙やダンボールならば、それらの規制対象外であると聞いたことがあります。 やはり木箱から紙製の輸出梱包へ改善と改善することが望ましいようです。

また作業効率をUPさせるために廃棄コストの削減を行うと、木材を使用する際の森林伐採の問題解決にもつながります。

限りある地球の資源を大切に、環境に配慮した素材がダンボールだと言えます。

実際に海外への輸出用梱包材として使用されているものが多くあります。

輸出梱包や木枠梱包、ダンボール販売を通じて関連企業やお世話になっていますね。

輸出用ダンボールケースを紹介すると、輸出用に使われるダンボールケースは普通のダンボールのシートとは違います。

硬くて丈夫なシートでつくらなければならないからです。

お客様の製品に合わせて設計・製造したものですので、どの梱包材もお客様と何度も打合せを重ねています。

ひとつひとつの部材を素材から厳選し、設計しているのがこのダンボール梱包の特徴です。

輸出梱包でお困りのことがあれば、どんな些細な事でも、相談すべきです。3層ではなく、2層のダンボールシートを使うこともあるのです。

規格品のダンボールもありますが、ダンボールの一般的な形式であるA-1は輸出梱包向きではありません。

この形式で輸出用ダンボールケースを作ると、シートが硬くてために折り曲げられないのです。

海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。