海外のダンボール事情 >> 海外のダンボール事情

海外のダンボール事情

海外に荷物を送るのは郵便局からでも簡単に出来てしまいます。

しかし製造工場などで扱うような、荷扱いが難しいものや、また毎日大量に送る場合などは、はたして そのままで良いのでしょうか。

そのような輸出梱包の改善提案をしてくれる業者はどうやって探すと良いのでしょうか。 少なくても輸出用木箱はもう時代遅れなのです。

輸出梱包でお困りの方もいることでしょう。日本の紙やダンボールの魅力を見せつけなければ... ちなみに海外に木箱で製品を輸出する場合は、ベニアという合板を使用している場合があります。

業者を選ぶコツは過去に海外への梱包事例をもつ会社に相談してみるとのが近道です。

下町などで町工場に支えられて営んできたような会社なら、 国内向け木枠梱包から海外向けの輸出梱包まで幅広く手掛けていることが多いです。

ところで面白い素材という見方からは、トライウォールと呼ばれる3層の硬くて丈夫なシートを使ったものがあります。

輸出を考えると様々な条件の国があるため上面や底面を布テープなどの粘着テープで留めることは避けるべきかと 悩むこともあります。

上下に蓋をして、PPバンドやエステルバンドで留めて補強とするパターンはよく目にします。

熱処理・薫蒸処理をしたベニアだとどうでしょう。輸出用梱包材としての使用はちょっと控えたいです。

ある会社で取扱っている輸出用梱包材の紙やダンボールならば、それらの規制対象外であると聞いたことがあります。 やはり木箱から紙製の輸出梱包へ改善と改善することが望ましいようです。

海外のダンボール事情の記事

海外のダンボール事情のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

輸出 梱包

海外に荷物を送るのは郵便局からでも簡単に出来てしまいます。 しかし製造工場などで扱うような、荷扱いが・・・


輸出 コスト

紙だと木材に比べどうしても強度が心配されがちですので、輸出用の梱包には向かないのです。 しかし、ある・・・


輸出 アメリカ

大阪・広島に営業拠点があってアメリカに輸出しています。 梱包と言っても、ダンボール梱包や輸出梱包用の・・・


パレット

パレット出荷を安価にそしてリサイクルへの考慮を考えるとダンボール製のパレットは大変使いやすいのです。・・・


輸入 アメリカ

特注特大平板打抜き機を使用することで、最大2,300mm×1,450mmのダンボール製パレットを製造・・・


輸出 中国

古紙回収は中国に伝授するといよいでしょう。製紙業界ならば価格安定へ対策が必要です。 世界トップクラス・・・


輸入 中国

自国で古紙を調達できない中国は、海外から高い古紙を買うために輸入しているのです。 現在、Made I・・・


海外のダンボール事情 イギリス

底の形状をユニパルや木材だけでなく非木材や木材燻蒸も盛んにイギリスなどの海外に取り入れられています。・・・


海外のダンボール事情 国内

マーケットは国内という考え方は過去の物になりつつあるのです。 商品をワールワイドな市場へ展開したいと・・・


海外のダンボール事情 ヨーロッパ

防水にこだわらない海外向けのケースで使用して下さい。もちろん製品の重量と形状に応じた梱包により大型製・・・


コンテナ輸送

近年では海外へのコンテナ輸送が増加してきました。裸でコンテナに詰められない貨物に対して用いられる代表・・・


ヨーロッパ 輸出

今の貿易のテーマは海外の輸出を実現するのに、どういった適正な包装を行うかです。お客様の抱える問題点と・・・


海外のダンボール事情 包装

ダンボールでは輸出先を踏まえてお客様と適正包装に取り組んでいるのです。ダンボール会社からの提案があり・・・


海外のダンボール事情 世界

輸出・輸送に最適な最強ダンボールがあります。米国連邦規格でのPPP-B-640をはじめ、世界各国の政・・・


輸出 リサイクル

低価格の回収リサイクルの時代に合わせた通いダンボールになっています。ある会社では環境という側面からも・・・


海外のダンボール事情 南米

南米への輸出用精密機器の防湿バリア梱包を紹介します。真空梱包のダンボールを使っていますので、海外輸出・・・


引っ越し アメリカ

今や海外への引越も国内の有名企業のサービスを利用したりすることで、簡単にできるようになりました。 国・・・


オーストラリア

普通の大きさのダンボールに荷物を詰め、それを容積として計算してオーストラリアまでの料金を払うのです。・・・


海外のダンボール事情 船

郵便局からの郵送を使って海外へダンボールを運ぶ時は1箱の重量制限は20kgとされています。 本の種類・・・


海外のダンボール事情

オーストラリアのシドニーまでのダンボール輸送料金は正確に算出することができます。 しかし、シドニーか・・・


海外のダンボール事情へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。